装身具とは

装身具は、衣服以外で身に着けるものとなります。帽子やベルト、眼鏡にマフラー、それから手袋など、ファッション面はもちろん機能面としても重要なアイテムから、ピアスやネックレス、ブレスレッド、チェーンなどファッションや装飾品以外では使い道がないものまで装身具のカテゴリーとして扱います。

衣服以外で機能面を重視した装身具は、季節や気温の移り変わりに伴い着用するものや、眼鏡やベルトなど季節に関係せず常時必要になるものがあります。季節や気温の変化により身につける装身具は、マフラーや手袋、帽子などがあげられます。帽子は1年中着用できるものもありますが、ニット帽や耳付き防寒帽子などの冬期に貴重となるものや、麦わら帽子やサンバイザーなど夏期に重要となる帽子など、季節毎に身につけるものが変わってきます。また、それらを身につけている人を見て、季節の変わり目を実感する事もあるでしょう。私事ですが、これらの装身具は女性が身に着けると、とても愛らしく感じます。

装身具は帽子だけではないです。身体に身につける機能面からほど遠い、ピアスやネックレス、チェーンなど貴金属のアクセサリーも重要なニッチを占めています。これらは自らの嗜好を示すものであったり、自らの豪華さを表すなどの目的があげられます。特に男性がするピアスには、性的な意味合いが含まれている事も多々あります。その他、ネックレスなどは束縛などの意味合いがあるようです。チェーンは男性のみのアクセサリーになると思いますが、財布とベルトなどに繋げておいて、窃盗防止の役割を担ってくれてとても便利です。