教師って、所詮は人生の落伍者

幼稚園の先生や保育園の保母さんで、ファッションを自慢できる人はいない。自慢できるなら、モデルかファッション事業の経営者を目指しているはずである。性格的におとなしい、他者に自慢できるものがない、でも弱者に目を向けられるいい娘さんだからこそ、保母さんや幼稚園や小学校の先生になるのだと考えたい。看護師さんでもそう。でも、子供や病人という保護してあげなければならない弱者を見てあげられるアタシって、すばらしい。アタシは弱者の味方として目を輝かせている若い娘に、やがては強者に育つ子供や若者を育てられるのだろうか。強者になったことのない弱者が教師になって、強者は育てられないのでは、とコピーライターは言った。人生経験のない、社会が、大人が、男が怖いとして、学校や幼稚園、保育所、病院に逃げ込んだ人のいい気の弱い娘さんが、芸能界や芸術家、企業経営者と伍して、そんな生き馬の目を抜くような世界に行くような可能性を持つ子供を、どうして育てられるのだろう。おとなしければ、目立たなければいいなら、ファッションはどんな意味を持つ…?


次の記事も読んでね!!
  1. ZOZOTOWN
  2. メンズジャケット
  3. はじめまして

トラックバックURL

http://www.alamin-network.org/%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%a6/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です