入れ墨•タトゥー

「ファッション」の項目では社会的な面から見た入れ墨事情を少し記載しましたが、ここでは、ファッション面とデザイン•種類について語りたいと思います。その前に今の時勢に象徴される現象として、ネットで「入れ墨」や「入れ墨種類」など言葉を調べると検索画面の1ページ目に「入れ墨除去」のホームページが目立つのは気のせいでしょうか。

余計な話は置いておいて、入れ墨を入れる際に参考とされるデザインをいくつか紹介いたします。まずは、和彫りと言われる和製の彫り物です。よく使われているモチーフは龍や虎、鳳凰や般若等になります。基本的に大きく彫られる事が多いようです。肩から胸、腕、背中に渡って統一したデザインで構成されているようです。次に、トライバル(tribal)と呼ばれるデザインを紹介致します。この意味は、「種族の」とか「民族的な」などの東南アジアの伝統的な模様を模したデザインになります。こちらは男女共に関係なく彫られるもののようです。

次に紹介するのはスモールタトゥー(small tattoo)です。英語表記を見て頂ければ一目瞭然でしょうが、小さい彫り物の意味です。星やハート、クラブや泪形のデザインなどが主で、肉体のあらゆる箇所にデザインすることができるようです。

最後に、文字のデザインのタトゥーを紹介いたします。これは文字を身体に彫り込むデザインになります。自分の好きな文字や相手の好きな文字又は名前などを各国様々な呼び名で彫り込むようです。もちろん日本語表記での入れ墨もあります。本を読む方なんかは、文字タトゥーと言われるとリスベット•サランデルなど思いだすのでは無いでしょうか。もしかするとあれも文字タトゥーのカテゴリーに入るかも知れませんね。ただ、入れ墨のお店はもっとちゃんとデザインや彫る箇所を考えてくれると思います。