バッグの種類とファッション性

バッグは装身具のカテゴリーに入るか分かりませんがここに記載します。皆さんもご存知のようにバッグは鞄のことです。英語ではbagと表記され、荷物や書類の持ち運びにとても便利な物です。バッグの形状は主に、手に持つ事を前提にしたものと肩にかけるもの、それから腰に身につけるものの3種類に分かれています。

手に持つバッグはブリーフケースやセカンドバッグ、大容量の荷物を一度に運べるキャリーバックや小旅行時に日常生活に必要不可欠な荷物などが詰め込めるボストンバッグ、様々な場面で使うことが出来るトートバッグなどがあります。

肩にかけるバッグはその名からもショルダーバッグが有名ですね。他には、リュックサックや自転車便業務から発生したメッセンジャーバッグ、ちょっとした外出時に重宝する小物用鞄のポシェットなどがあります。

腰に身につけるバッグは、ウェストポーチやベルトポーチとなります。
ここでは街中で使える機能面とファッション性を備えたバッグを取り上げて紹介致します。トートバッグなど上記で記載しましたが、様々な場面で使える事ができます。それに様々なブランドから様々なデザインのものが商品として市場にだされておりますので、自らの趣味や好みに合ったものが見つかるでしょう。キャンバス生地やナイロン生地、革などで作られています。

ショルダーバッグには2通りのかけ方が楽しめます。肩に垂直にかける方法と斜めがけと言われる方法があります。どちらもファッションとして成立しているものですので、好みのかけかたで楽しみましょう。

ウェストポーチは両手が自由になりますので、アクティブな行動やスポーツ時などに重宝するバッグになります。ただ、その他にはそれほど使い道はなく、デザインやファッション性は見込めない場合が多いでしょう。