コンバースについて

コンバースは、アメリカのシューズ製造販売会社です。コンバースの有名なスニーカーとしては、「オールスター」や「ジャックパーセル」などが知られています。コンバースでは、シューズだけでなく衣服やバッグ、筆箱なども製造しており、コンバースブランドのライセンス発行も数多く行っています。コンバースは、1908年にアメリカマサチューセッツ州のデパート経営者であるマーキス・M・コンバースが創業しました。マーキス・M・コンバースは、降雪量の多い湿地帯や深い森の中でも作業できることを目的に、雨や雪に負けないラバーシューズの製造を開始しました。そしてコンバース・ラバー・シュー・カンパニーが発足し、1917年にはバスケットシューズとして「コンバース・オールスター」が発表されます。また、1935年にはバドミントンプレイヤーのジャック・パーセルが開発に参加し、「ジャックパーセル」を発売しました。コンバースから販売されるラバースニーカーはそれぞれのスポーツ業界での定番的なスニーカーとして位置付けられるようになりましたが、経営悪化により倒産し、2003年にはナイキに360億円で買収されました。